日常

チューリップの種

子供の頃はせいぜい赤・白・黄色や
赤と黄色が混ざったものぐらいだったチューリップ。

今ではピンクはもちろん、
紫や黒っぽいものまであり、
花の形も八重咲きやフリルがいっぱいあるもの、
逆に小さく可愛いものまで様々なチューリップがありますね。

桜とならび、春といえば・・・
で思い出される代表的なお花でもあります。

昨年秋、
ちょっと渋い花を咲かせる
「レッドライディングフッド」という種類の球根を植えました。

寒い寒い冬に耐え、とうとう素敵な花を咲かせてくれました!!
写真で見ていた花色は、
もっと深紅だったのですが、
咲いてみると普通に赤でしたが(^^;

大事に育て、
立派な球根を取って、
来年も咲かせたいなと思っています。

ところで、チューリップといえば、
球根を植えて咲かすもの・・・ではありますが、
当然のごとく花を咲かせた後には種が結実します。

通常は球根を太らせるために花が終わると早々に切り、
葉っぱからの栄養を球根に蓄えるのですが、
では、このまま種を育てるとどうなるか!?
気になって調べてみました!

やはり、ちゃんとした種(といってもペラペラなもの)が収穫できます。
ただ、これを植えて立派なチューリップが咲くまでには
約5年という月日がかかるそうです。

花を咲かせる球根に育つまでは、
葉っぱだけが伸び、
徐々に栄養を蓄えながら球根も大きくなり、
花を咲かせる立派な球根になるそうです。

by 事務@妻

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。